KYOTO TACHIBANA FC

中野晃弥の「和」のチーム、ありがとう。


2021
12()

本日は選手権2回戦

VS昌平 @浦和駒場スタジアム

晴れ

結果は0-2で負け、

本大会は2回戦敗退となりました。

昌平は予想した以上に個々の技術、運動量やプレー強度も高くほんとに強かったです。

でも勝てない相手ではなかった

1点返せていたら逆転出来ていたんじゃないか

もっと出来た

試合前夜、明日は絶対負けない。

3回戦…   もっと先

このチームは必ず勝ち進むと2人で話していました。

試合が終わってから色んな事を考え、思いがめぐり悔しさが溢れました。

3年生の戦いがここで終わってしまうのが寂しくて悲しくて

1試合でも多く見守っていたかった、ただその気持ちでいっぱいでした。

でも、試合終了のホイッスルが鳴るまでピッチの選手、ベンチ・応援の選手も全員が全力で精一杯戦った姿を観て、悔いなくやり切れたのかな。と感じました。

今年のチームは本当に難しい1年を過ごしました。

当たり前の日常がなくなり

練習、試合ができない

大会がなくなる

全国への道は選手権の1度だけに

その度、辛くしんどく無気力になったはずです。

でも、今年の3年生だったから全てを乗り越えここまで来られたのだと思うし、何年も越えられなかった初戦突破という壁を乗り越えられたのだと思います!

本当にしっかりした子ばっかりで、人間性が素晴らしく後輩達にも優しいお兄ちゃんの様な子たち☺️

仲間想いの学年

まだまだ皆の顔を思い出すと…

悲しい気持ちになります😭

1年間の集大成、選手権。

毎年終わってしまうと

3年生の試合がもー見れない😢

とてつもない喪失感に襲われています笑笑

全国に行くのも大変なこと。

全国で勝つ事は大変なこと。

全国制覇するのは並大抵の事ではありません。

でも、必ず橘が全国制覇をする姿を見届けたいと思っています。

 

来年度は第100回選手権大会

後輩達が必ずこの舞台に戻り活躍してくれると思います。

 

最後に今年度最後のTMOM

3年生のMF中野晃弥!

コロナによる大変な時代に新チームが始動。練習や試合が満足に出来ず皆んなが不安や悩みを抱え上手くいかない事が多かったと思います。例年では経験しない事態が多く起こり、選手のモチベーションを維持させる事、成長させる事などキャプテンは非常に大変だったと思います。その中で悩みながら厳しく優しくチームをまとめ1年間引っ張ってくれました。


初めて見たのは、

2年前の夏、プリンスリーグの西京極補助でした。

見た事の無い選手がDFラインにいました。

確か坊主頭やったかな😊

左利きでキックフォームが綺麗な1年生

フィードも良くセンスがあり、直ぐにお気に入りの選手になりました☺️

怪我に苦しんだ時期を乗り越え、

前回の選手権で悔しさも経験し、

センスが良かった選手は、チームで1番身体を張れる中心選手へと成長を遂げました。

いつも少し離れた距離で、チームを見て冷静に分析出来る力とサッカーが大好きな少年の様な笑顔☺️

試合の日、トートバックにいっぱいスパイクを入れているのが好きでした😋

もーあの低い声で皆に指示するの聞けないの悲しいなぁー。。。

晃弥の人柄が溢れた、明るくて優しい雰囲気に包まれたチーム✨

中野晃弥がキャプテンで良かった!

おつかれさまでした🙇‍♂️🙇‍♀️

次回は、新チームかな?

いつになるのかお楽しみに〜

アンニョーン(^_^)/~~

(写真・文 たえごろう&あきくん)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE