KYOTO TACHIBANA FC

マネージャー日記【選手権】

こんにちは!3年マネージャーの 唐橋亜弥 です!

いつも京都橘高校サッカー部を応援していただき、ありがとうございます!

 

明日から、選手権3回戦、橘の初戦が始まります。⚽️

私自身3年生という立場でこの大会に挑むにあたり、今までとはどこか違う緊張や不安、そして楽しみな気持ちが入り混じっています。

今まで、本当にいろんなことがありました。お互いにぶつかることも、一緒に喜び合うことも、たくさんしました。それを乗り越えての今の京都橘があります。

そして今年は特に新型コロナウイルスの影響を受け、思うように練習や試合ができないこともありました。選手たちもチームで思うように活動できない中、たくさん悩み苦しい状況を乗り越えてきました。

夏のインターハイでは、決勝の東山戦でとても悔しい思いをいました。私は、その時選手が涙を流しながら言ってくれた言葉がずっと心に残っています。

「冬は絶対全国に連れて行くから。」

インターハイで流した悔し涙は決して無駄じゃない、そう信じています。

3年生にとってはこの大会が最後であり集大成です。

ピッチの最前線で戦ってくれる選手、その選手たちを支えてくれる選手、そしてマネージャー。全員が一丸となってこの大会を必ず勝ち取ります。

 

ホームページではたくさんの掲載を予定していますので、ぜひご覧ください!

その他SNS、youtubeも随時更新していきます!

Instagram、Twitterでは選手によるカウントダウンなども更新しておりますのでぜひご覧になってくださいね!

 

たくさんの応援、よろしくお願いいたします!!🔥

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE