KYOTO TACHIBANA FC

マネージャー日記【高校サッカー選手権大会〜選手インタビュー〜】

こんにちは🔆1年マネージャーの郷田亜美です!高校サッカー選手権大会がはじまりました!3回戦、4回戦と勝ち進み、いよいよ明日は準々決勝です!日常生活にも選手一人一人に緊張感がでてきています!

そんな中で、準々決勝に向けて2年生の選手数名と1年生1人にインタビューさせていただきました!

①3、4回戦を終えて反省

②準々決勝に向けて


2年生

GK 37番 田中萌誠(たなかほうせい)

ずっと攻めてる試合ではあったけど、コーチングが足りていない、ずっと声を出し続けないといけないと感じました。攻めてる時間が多く、蹴る機会は少ないけど蹴る時は一発で決めないといけないと思いました。

だんだん相手も強くなってきている中で、みんなもやっぱり緊張するだろうと思うけど、緊張をほぐせるようにチームを鼓舞したいです。コーチングはやっぱり、守備。ピンチもあるだろうけど無失点でいきたいです。

準々決勝ということで相手もレベルがあがってきてしんどくなる場面も増えてくると思います。だからこそ全員で戦い、全員で勝ちましょう。引き続き応援よろしくお願いします!

MF 39番 久保颯人(くぼはやと)

攻めれていたけど、シュート数が少なかったです。コーナーキックでは、キックが悪くてチャンスをものにできませんでした。自分がボールを受けてゴールまでいけなかったです。

攻めれているから、もっとシュート数を増やして決めきること。コーナーキックで点をとれるようにキックをたくさん練習します。

応援よろしくお願いします!

MF 50番 丸山大輝(まるやまひろき)

3回戦後半からでたけど、点がとれませんでした。攻めていたわりには点数がとれていなかったです。もっと最後の質にこだわって、その次のプレーを考えてポジショニングをとらないといけないと思いました。

得点に繋がるようなチャンスメイクをたくさん演出したいです。監督がおっしゃっていたように、技術3割気持ち7割だから勝ちたいという気持ちを、出てない選手のためにも、もっと持って戦いたいと思います。

京都橘応援よろしくお願いします!

FW 35番 奥村真弘(おくむらまさひろ)

ボールを保持できていたけど、ゴール前でチャンスを作り出せていなかったです。ミドルシュートが少なかったです。ゴール前でトラップが悪くてシュートまでいけませんでした。

チームとしてはシュートの意識を高く持ち、ゴール前のアイデアを増やすこと。個人としてはボールをおさめてゴールに繋がるシーンを多く作り出し、特にファーストタッチにはこだわってシュートを決めます。

4回戦に引き続き応援よろしくお願いします!

DF 41番 林禮蒼(はやしらいあ)

本大会、初出場という貴重な出場時間を貰えましたが、イージーミスが少し目立ってしまっていたので修正したいです。

出場時間が限られている中で常に良い準備をし、まずは全国大会出場という目標に向かって一戦一戦全力で進んでいきます。

準々決勝で相手のレベルがあがるのでチーム一丸となり、京都橘を代表して精一杯戦います。引き続き応援よろしくお願いします!

MF 48番 上西剛史(うえにしたけし)

3、4回戦共に先制点をとれましたがその後の追加点がなかなか取れず、自分達から苦しい状況にしてしまいました。

隙のない試合をして、準決勝にコマを進められるように頑張ります。

応援よろしくお願いします!

1年生

GK 83番 中浦悠太(なかうらゆうた)

選手権3、4回戦で自分が出てもっと点差を広げて、京都橘が強いイメージをつけたかったです。

3、4回戦と続けて準々決勝は相手も強くなり、勝つのが難しくなって行くと思いますが、それまでの練習でお互い高め合っていきたいです。

今年も全国出るので応援よろしくお願いします!


インタビューに真剣に答えてくださり、選手権の緊張感がすごく伝わってきました。

試合当日は3、4回戦に引き続きホームページではメンバー表、得点者速報、各コメント、ツイッターなど随時更新しております!ぜひご覧ください🙇🏻‍♀️

 

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE