KYOTO TACHIBANA FC

未来に向かって✨

2021年11月7日 ()

本日は

選手権予選準決勝vs京都共栄

 

0-1 …

ベスト4で敗退となりました😢


試合は、

前半開始から共栄のロングボールと前線にスピードがある選手を置いた戦い方に橘が少し手を焼き、自分達の繋ぐサッカーがなかなか出来ずゲームをコントロール出来ない。

難しい試合になる予感💧

どちらにも得点チャンスが生まれるが、

スコアレスで前半終了。

 

後半開始とともにキャプテン#7励ちゃん(木原励)を含め3人メンバーを交代し、試合の流れを一気に引き寄せ、ゴールを奪いに行くが、後半も流れは変わらず一進一退の展開で時間が進んでいく。

 

そして

相手のロングスローから失点

0-1

時計を見る、後半16分。

まだ時間は十分にある大丈夫大丈夫と

自分に言い聞かせピッチの選手達に祈りを込める。

後半20分、引水タイムでの皆んなの表情、チームの雰囲気を見てもまだまだ行ける!

橘が左右、中央からチャンスを幾度も作り決定的なシュートを放つが決まらない

 

そして

ゴールが奪えないままタイムアップ。。。

決勝で、東山に夏の借りを返し絶対に優勝する!!と選手達は胸に誓い、夏の厳しい遠征を乗り越えチカラを付けて臨んだ今回の選手権予選。

その一歩手前での敗退。

リベンジも優勝も出来ず選手達の悔しさは計り知れませんが。。。

3年生には負けた悔しさでなく、これからの為に自分に足りなかった事を是非、残り僅かな高校サッカーで学んで欲しいと思っています。

私達も優勝しか信じていなかったし、ここで負けるとは考えておらず、負けてしまった事が直ぐには把握出来ず、試合直後もその後も涙は出ませんでした。

翌朝、夢じゃなかったんやなぁと初めて涙がこぼれました。。。

コロナウイルスの影響で、3年生はこの2年間本当に難しく普通じゃない日常生活、学校・クラブ活動を過ごして来ました。

練習試合や遠征を十分に出来ない厳しい中でも、いつも明るくワチャワチャ楽しそーにボールを蹴っている姿を週末に見て、私達は元気を与えてもらい日々の活力が湧きました☺️

ヤンチャなのか?個性的な子の集まりなのか?なかなかまとまりがなく😑💧

1年間自分達が思う様な戦い方、結果が出なくて苦しんで来たけど💦

秋になり一人一人の成長、チームの成長を凄く感じていたので、予選を勝ち抜き選手権本戦までの期間にもっともっと強く良いチームになると思っていました。

皆で、第100回選手権大会に行きたかったね。。。

 

 

って

あかん、あかーーん!!💦

皆さん、しんみりするのはここまでです

まだ大事な戦い、リーグ戦が残ってます!

プリンスリーグ残り3試合

選手の皆にお願いがあります。

この3試合は、

自分の為にプレーするのではなく

今まで以上に、仲間の為、ご両親の為、可愛い後輩の為、

大切な人たちの為に

与えられた場所、時間で、

全力でやり切って欲しいと思っています。

チームメイトの為に走り、戦い、パスを繋いで欲しいと思います。

together as one

さぁみんな、最後の戦いやで💪

 

100回全国高校サッカー選手権大会

京都大会:

ベスト4

大会優秀選手✨

木原励

長谷川裟恭

田中萌誠

 

次回はプリンスリーグ

をお届けしまーす

アンニョーン(^_^)/~~

(写真・文:たえごろう、あきくん)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE