KYOTO TACHIBANA FC

月に在る桂樹のように ~人を惹きつける選手へ✨

2021年12月18(土)~20日(月)
@静岡県 時之栖にて
2021 MIZUNO wintercup U-16ルーキーリーグが行われました⚽️

例年は MIZUNO Championshipとして、全国の各地域リーグを勝ち抜いたチームが出場し、1年生世代の日本一を決める大会ですが、
今年はコロナの影響を受け各地域リーグの進行状況に差があり(参加校はリーグが完結した地域は上位1,2位、リーグが未完結の地域は推薦等)任意の強化大会であるwintercupとして開催されました。
しかし、今年も例年と遜色の無い強豪16校が出場し、頂点を決めるに相応しいハイレベルな大会となりました!
参加16校:
・予選リーグ:4校×4グループ
・決勝トーナメント:各予選リーグ1位4校進出

無観客試合や試合の延期等で1年生の試合を観る機会が殆ど無く😢今大会が初対面の選手もいて、応援に行く前からほんとに楽しみにしていました🤗

が…💧

時之栖に向かう18日未明、寒波が到来⛄️🌀
高速道路が大雪、吹雪で通行止めになっている所もあり…道中は危機一髪でした💦
まさに遠征はつらいよ状態🤣
もう少し遅くに出発していたら、試合までに到着していなかったかもしれません。。。
いつも橘っ子の遠征に行く時は、天候が大荒れになる事が多くて本当に雨女を返上したいです🙏笑

でも静岡に着いてからの3日間は気温は低かったですが、快晴が続き☀️毎日綺麗な富士山を拝見する事が出来ました🗻✨
いつもはすぐに雲が掛かってしまうので、富士山をこんなにくっきりと一日中拝めるなんて最高でした🙌

まさにあっぱれでした🎌

大会結果は、
[予選リーグ]2勝1敗 勝点6
12/18vs日大藤沢 2-1
12/19vs北海 5-2
12/19vs尚志 0-2
GL2位となり予選Lで敗退、惜しくも決勝トーナメントには進出ならずでした💧

初戦の日大藤沢戦は、
全国大会という事もあり試合開始からチーム全体に緊張が見られ、固くなり、先制点を許す苦しい展開でしたが、徐々に自分達のサッカーが出来る様になり、後半に#14かのんちゃん(松本海音)が同点ゴール、#7けいちゃん(CAP西川桂太)が決勝ゴールを決めて逆転勝利で幸先の良いスタートとなりました👍

続く2戦目の北海戦は、
初戦からの良い流れ勢いそのままに前半からゴールラッシュの試合に!
前半の#9りゅうと(西田琉絃)の先制点を皮切りに、#17はると(宇田陽斗)2得点、#10しょうだい(久保翔大)、#4その(園田優翔)がゴールを決め5得点の圧勝に‼️

そして最終3戦目は尚志戦、
お互いに2連勝で迎え2試合を終えた時点で
得失点差でグループ1位:橘、2位:尚志で迎えた試合、橘は引分け以上で決勝トーナメント進出の掛かる大一番💪
ゲーム開始からお互いに激しい戦いとなり、双方にチャンスが訪れますが前半に失点を許す厳しいゲームとなります。後半、橘が攻め込みますが追加点を許し終わってみれば0-2の敗退。

橘も良い攻撃の形や活動量の多いゲームが出来ましたが、尚志(今大会:準優勝)はそれを上回る球際の強さや、したたかさが見られる素晴らしいチームでした。

 

はい、ここで今回の萌えシーンです!
ご存じ坊主頭がトレードマークのマリモくんこと😊1年生のDF松本和磨です!
試合に出場している時、サブの時、練習中は勿論、ビデオ係をしている時も常に声を出し全力で戦う姿勢は素晴らしかったです✨
また、最終日の試合終了後、最後まで試合に出て挨拶をしていたマリモくんが、次の瞬間には1人、自分の着替えを後回しにして沢山のチームの荷物を抱え走って用具車に運び片付けている姿にはビックリと同時に感動しました🥺

常にチームの為に自分が出来る事を率先して全力で取り組める人なんだと尊敬しました✨
まだ1年生。3年生になった時にどんな選手になっているのか、ほんとに楽しみです😊

帰りに🚙…
浜松SAで橘バスと一緒になり、マリモくんと遭遇。
この季節に半袖だったので💦
たえごろう『えーーー半袖寒くないの!?』
マリモ『いえ、全然寒くないです。』
とハニカミ笑顔での返事😍可愛すぎました!
女子の皆さーん、マリモくんの試合中や練習前後の熱く真剣な男らしい姿とオフのギャップにこれから注目ですよー!!
ぜひ機会があれば、坊主にしている理由も聞いてみて下さい☝️きっとあなたもファンになりますよ🤗

 

そして今回もTMIPがいます・・・
それは1年生のMF松本海音です!

今回観るのが2回目でしたが、初めて観たグロイエンの時に抱いた印象と同じでとても才能豊かな素晴らしい選手です✨
ポジションはボランチ、技術も高いですがとにかく運動量が豊富で前後左右の広範囲をカバー出来、常にパス&ゴーを繰り返し止まる事がありません!
キックはほぼ右足を使い、その右足のアウトサイドで出すパスの動作、豊富な運動量、プレスキックの高い精度は、まさしく「橘のモドリッチ」です(あきくん命名)✌️
皆さんも、海音の右足と運動量に是非これから注目して下さい👍

あと、初日の試合後に富士山も綺麗だし、皆の集合写真を撮りたいなぁと思いながら、ほぼ初対面の子ばっかり💦
バスの方に行ってしまった子も数人いてどうしようかなと緊張しながら皆の所に声を掛けに行くと💧かのんちゃんが「ここの方が良い写真撮れるし、ここで写真撮った方がいいですよね。皆呼んできます!」としっかりしたお返事をしてくれました😊
1年生やのにとてもしっかりしていて優しくて、おまけに可愛い顔に綺麗な目😍✨
かのんちゃんありがとうね🌼

また初日の夜には、選手が宿泊している時之栖に橘っ子に差し入れを持って行ったのですが、着いてみると全員で外で私達を迎えてくれ、しっかりした挨拶をしてくれてビックリ&感激しました✨そして一緒に時之栖のイルミネーションのお散歩をしてくれました🎵
(注:入浴中の西田くんだけ不在でした😭笑)

集合写真の撮影も出来て嬉しかったです📸
すると、当日に試合をした尚志高校のサッカー部の選手達も散歩をしていて意気投合、2年後の選手権の舞台で必ず再会しよう!!と約束し、一緒に記念写真を撮りました☺️

昼間はお互いあんなに激しく戦った相手同士が
ひとたびピッチを離れればこんな風になるなんてサッカーは素晴らしいスポーツだと改めて思いました⚽️
イルミネーションに負けない皆の素敵な笑顔が溢れ、ほんとにキラキラしていました✨

今大会で1年生だけで戦う大会は最後となり、
これからは新2年生に向け新たなステージとなります。
この負けを無駄にせず全国のライバル達に負けぬ様に成長して行って欲しいと思います。
そして今回、出場時間の短かった選手、大会に帯同出来なかった選手の巻き返しを期待しています!

悔しい気持ちを糧に来年、再来年にチームの中心になれる様に、まだまだこれからやったもん勝ち💪
個性豊かな選手が沢山おり、本当に今後がとても楽しみな学年です☺️

 

最後に今大会のTMOMは・・・
1年生のMF西川桂太!

初戦の決勝点を含め大会を通じ、キャプテンとして中盤でチームを声とプレーで引っ張る活躍でした。大会終了後に優秀選手に選出されましたが当然の結果だと思います✨

けいちゃんを初めて見たのはプリンスリーグの開幕戦でした。途中から出場しましたが上級生に混じってもガンガン行く姿に小さな身体から想像も出来ないエネルギーを感じた事を覚えています✨
その後のプリンスリーグ でも着実にプレーの機会を掴み得点も決めて見せました。一目で分かるサッカーIQの高さ、トラップやパスの技術、抜群のセンスに成長がとても楽しみでした。
しかし、一方でまだまだ線が細くフィジカル面で苦労している印象も受けました。
プリンスリーグ ではコンスタントにメンバー入り、スタメン入りする事もありましたが、トーナメントのインハイ予選、選手権予選ではいずれもメンバー外となり1年生ながら本人は相当悔しかったと思います。。。

そして今大会、久し振りにプレーを観れるのをとても楽しみにしていましたが、試合前のアップを見て直ぐに心身ともに成長を感じる事が出来ました!
身体が一回り大きくなり、ひ弱な印象は無くなり、顔付きからも態度からもキャプテンとしての自覚、意識の高さが表れ、それは試合中や試合後の挨拶でも感じました😊
プレー面でも、ボランチの位置でボールを受けてからの両サイドへの精度の高いロングボールでのチェンジサイド、相手が前に数人いても中央の密集をドリブルで突破する推進力、シュートに対する意識の高さとパワーがレベルアップしていて本当に嬉しかったです🙌
ディフェンス面はまだまだこれから成長が必要ですがそれを補って余りある攻撃のセンス✨
是非、3列目ボランチの位置から得点の取れる選手になって欲しいと思います!!
引き続きご飯も沢山食べようね💪笑

 

次回はNew Balance Cup2022

をお届けしま~す

アンニョーン(^_^)/~~

 

 

[写真 たえごろう, 文 あきくん(たえごろう風☺️)]

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE