KYOTO TACHIBANA FC

BIGな マウンテ~ン👍

20201115()

本日は選手権予選決勝

VS東山

2-1 見事に勝利しましたVVVVV


この結果、
2年連続9回目の

全国選手権の出場切符を掴みました🙌

 

願いが通じ

決勝の舞台は晴天でした

沢山の観衆の前で

京都ダービーの名に相応しい

ライバル東山との大一番!!

やはり簡単な試合にはなりません。

キックオフから試合終了の最後まで一瞬でも気持ちが緩んだ方がやられてしまう展開で両校の火花散るバチバチの戦いでした🔥

東山高校の選手は11人が絶対に負けないという気持ちが表れ、本当に強かったです‼️

自分達のやりたいサッカーを相手に消される難しい試合でしたが、選手達はこの試合に勝ち切った事で10勝分に値する程の価値と経験が得られたと思います👍

 

試合は前半、

開始早々に♯13蓮くんのシュートがポストを強襲したのを皮切りに、相手ゴールに度々迫るも、なかなか得点が奪えず少し嫌な展開でしたが…

♯17一矢の必殺っ!ロングスローから

♯9励くんがヘディングで待望の先制点を橘にもたらし💪       1-0で前半終了

 

後半、

開始早々にこれまた、

♯18楽生の必殺っ!ロングスローから、

GK前で、

♯2エアバトラー:りんちゃんが

GKDF2,3人と競合い相手を引きつけ (何人とバトってる〜💦スゴ過ぎ😁) 、

ファーサイドで、

♯6大輝が良いポジショニングからヘディングでゴール!!

楽生も含めて3人の合わせ技、1点ですっ😋

2-0となりましたが

まだ残り時間はかなり残され

そして2点差はほんとに怖い

そんな試合展開がこの後に待っていました😱

りんちゃんがヘディングした後に負傷交代😣

残り15分で失点

ロスタイムに今度は励くんが負傷交代😣

最後の5分間はほんとにドキドキが止まらなかったです😖

前回の全国選手権、終了間際に追いつかれた事が頭をよぎる

延長…PKになるのではと。

 

でも、違いました😃👍

去年、全国でその悔しい経験をした

♯7晃弥、#3凌くん、一矢、♯1青くんを中心に、

全員が終了のホイッスルが鳴るまで集中しリードを守りきってくれました👏

ありがとう

でも終了の瞬間は、ホッとし過ぎてあんまり喜べませんでした笑いつもです。

決勝戦。とはこういうものなんだと改めて感じました。

 

夏の遠征やプリンスリーグで、

試合終盤に追いつかれ勿体ない引き分け負けが続く時期があり、私も選手と同じ様に悔しく心配した事もありました😥

でもこのチームは晃弥と3年生を中心に11人全員が自分の考えを持ち、それをしっかり言葉に表現でき、チームメイトの意見に耳を傾ける事が出来ます。

自分達で考えて行動し、これまで困難や行き詰まりを打開してきたからこそ決勝で勝ち切れました‼️

 

選手権まで1ヶ月半。

まだまだ強くなり、今度は全国の舞台で勝負強さを発揮してくれるはずです💪

 

私の本日の萌えシーンは、

マネージャーさん達が揃って私達に挨拶をしにきてくれた時です😍

一列に並んで本当に可愛い過ぎて、こちらが緊張しました笑笑

これからも皆のキャピキャピキャピーン?姿を 笑笑

見れることを楽しみにしています☺️

私達がいつも試合を観に行った時にも可愛い笑顔で挨拶してくれる、選手達の癒し

ベンチをわざわざ運んでくれたり、このコラムの運営でのやり取り等、ややこしい私達2人もとてもお世話になっています。  いつもありがとう💕

 

最後に今日のTMOM

3年生のDF小山凌!

CBの中央で相手の攻撃を幾度も幾度も跳ね返し、

地上戦も空中戦も完勝。

試合終盤の厳しい時間帯も経験と危機察知能力で封じた。

その姿は橘の砦であり、

小さい山ではなく…まさしく大山であった🗻

下級生の頃から、黙々と出来る選手でプレーで不安に感じた事は全くありませんでした。

去年の秋頃までは上級生の中でなかなか声を出す、指示を出す事が難しく大人しく感じる事もありましたが、秋を過ぎた辺りから先輩にも的確な指示が出せる様になり嬉しかった事を覚えています😊

 

そして凌くんは…

京都大会の優秀選手選出に続き、

たえごろうセレクト

橘っ子旦那様にオススメの選手👦🏻

に選出されました👏🏻

10年で4人目の受賞者となります👑

『4代目 T SOUL BROTHERS』 

(Tは、橘のTですよ☝️)

歴代受賞者

1代目 大樹 (13期卒)

2代目 濱本 和希 (15期卒)

3代目 藤橋 怜士 (18期卒)

気付かれる方もおられるかもしれませんが…何と4人ともポジションが同じです!?

 

次回は  遠征?TM

何になるのかお楽しみに〜😉

アンニョーン(^_^)/~~

(写真・文 たえごろう&あきくん)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE